昇華転写プリント(しょうかてんしゃ)とは

かんばん工房では2006年に昇華転写プリントの加工機を導入しました。導入時より専任オペレーター・専任デザイナーが担当し、お客様のご希望に合わせ丁寧に作業しております。導入当初はハッピ・ノボリのみでしたが、現在はお客様のご要望などもあり、様々な製品を開発・提供しております。

 

版を使用しない「昇華転写プリント」を主に採用しています。色数の制限もプリント箇所の制限も無く、1枚から作成できるので、文字や写真の差し替え・色違いなども対応可能です。

 

ポリエステル100%の白い生地にお客様がデザインされた、または弊社がデザインしたデータを、そのままプリントいたします。色の付いた生地ではございませんので、ご自由に色やデザインをお付けいただく事が可能です。

 

※データは基本永年保存しております。再版の際にはお問合せください。

昇華転写プリントの特徴

高画質でキレイ!目立つ!

「1947年創業の老舗、佐川印刷株式会社」の印刷専門スタッフが長年培った高い技術力を生かしが美しいプリントでデザインを再現!

写真補正技術・専用チャートで色合わせを行い希望の色味に合わせていきます。

高画質カラー写真や、グラデーションを鮮明に美しくプリントし、写真もイラストも驚きの仕上がり!

※金・銀・銅や蛍光色など昇華転写プリントでの再現が難しい色は近似色や疑似色にての対応とさせていただきます。

すべてが国内生産で短納期可能!

受付・デザイン・プリント・検品・発送、すべてかんばん工房スタッフが対応いたします。

デザインは専任デザイナーが直接ご希望を聞き取り作成いたします!(別途デザイン料必要)

縫製は有名ブランドなどを手がける提携先のプロが1枚ずつ丁寧な縫製で仕上げており、すべてを自社管理することで、できるだけ無駄な行程を省き高品質・短納期・低価格を実現いたします。

仕上がりが気になる方にはサンプル・色校正を無料発送!

フルオーダーで頼むのが不安な方に、無料でサンプル発送・色校正をしております。

布見本は使用している布6種をセットにして、サイズ見本は「かんばん工房サンプルはっぴ(要返却※返却時の返送料はお客様ご負担)」を発送しております。

また、仕上がりが気になる方には色校正も無料で実施!実際に使用される布にプリントした物を発送いたします。

洗濯できて、くり返し使える!

不織布仕様と比べ、ポリエステル素材を使用しているので洗濯が可能です。

1回作るとくり返し使えるのでコストパフォーマンスも◎!ヒートカット&しっかりした縫製でほつれも少なく長持ちします。

昇華転写プリントのメリット

■製版を必要としないプリント

シルク印刷と違い、製版が必要ないので版代がかからず、色数を考えることなく価格を抑えることができます。

製版工程を省けるため、受注から納品までがスピーディーで、必要な時に必要な数量で生産(オンデマンド印刷)が可能。

1枚からという小ロットのオーダーにも即対応ができます。

 

■発色がキレイで性能を損なわない

布に直接染みこむようにプリントするため、伸縮素材などの布の特性を邪魔せず、染め物のような柔らかさが実現できます。

また、シルク印刷では表現が難しいグラデーションやフルカラーでのプリントも高発色・高画質を実現。

写真やイラストも鮮やかに表現できます。

 

■洗濯堅牢度5級

水や雨などに強く耐候性に優れているため、のぼりやのれんなど屋外広告に最適です。

もちろん洗濯もできるので、ハッピなどの衣類にもできます。

 

 

昇華転写プリントのデメリット

■金・銀・蛍光などの特色には対応しておりません

昇華染料で対応できるCMYKの4色で表現できる色以外の対応はできかねます。

ただ、昇華転写は鮮やかな発色が可能ですので色(ピンクなど)や使う布(サテン)によっては光の反射などで特色に近い表現ができる場合もございます。

 

■熱による色落ち・色移りにご注意ください

昇華転写プリントは、熱を利用して布にプリントするため、アイロンや乾燥機の熱に非常に弱いです。

昇華転写で染めた色は再度、熱を加える事により「再昇華」が発生し、熱を加えた部分が色落ちする場合がございます。

また、乾燥機などで他のポリエステル素材の布を一緒にすることにより他の布への色移りなどが発生する可能性がありますので、基本的にアイロンや乾燥機を避けていただければと思います。(シワなどが気になりアイロンを使用したい場合は低温で当て布をしてご利用ください。)

 

■ポリエステル素材にしか対応しておりません

昇華転写の特性上、綿素材などには対応できません。 

※弊社ではポリエステル100%ではありますが、綿や麻と風合いがよく似た布での作成が可能です。

 

 

プリントできる生地(素材)

●ポリエステル100%素材

 ポンジ・トロピカル・トロマット・サテン・ツイル・カツラギ・アムンゼン・ポプリン・帆布・ニット

 ツイード その他、印刷可能な素材。

オリジナルファブリック製品

昇華転写プリントの流れ

(1)転写紙にデザインをプリント

昇華転写プリント
(1)転写紙にデザインをプリント
昇華インクジェットプリンタ
昇華インクジェットプリンタ

高温で昇華染料を気化し、化学繊維の分子構造の中にまでインクが入り込み染色する方法で、シルク印刷とは全く異なる印刷技術ですので写真やイラスト、グラデーションを鮮やかに再現できます。

 

ポリエステル素材専用の昇華染料を使用しインクジェットプリンタによって転写紙にデザインをプリントします。


(2)転写紙と布を重ね、熱ローラーで加熱・プレスし、プリント完成!

昇華転写プリント
(2)転写紙と布を重ね、熱ローラーで加熱・プレスし、プリント
昇華転写プレス機
昇華転写プレス機

プリントされた転写紙とプリントしたいポリエステル素材の布とを重ねて、熱ローラーで加熱・プレスしプリントします。加熱することにより、転写紙に印字されているインクが気化。

ポリエステルに小さな隙間ができ、その隙間に気化したインクが定着し、密着させた布に染色することができます。


昇華転写以外のプリント

かんばん工房では、「昇華転写プリント」を主に採用しています。それは前途のとおり、ポリエステル100%生地が対象です。

そのため、綿やナイロンなど、製品(生地素材)によって変わります。それらは、ガーメントプリント・インクジェットラバープリント・ラバープリント(単色)・刺繍(ししゅう)です。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

オリジナルはっぴ お問い合せフォーム